スポンサーリンク

ルイボスティー

ルイボスティーというお茶、ご存じでしょうか。
健康や美容効果が高いとして取り上げられる機会が近年増えてきており名前を耳にしたり目にしたりしたことのある方も多いでしょう。私も愛飲しております♪

ルイボスティーとは

ルイボスティーとは,南アフリカ共和国西ケープ州でのみ栽培される、ルイボスというマメ科の植物の葉でつくられるお茶です。
ここ以外の地域では栽培されない(栽培しようとしても失敗してしまう)とのこと。
カフェインを含まず、渋味成分タンニンもとても低いので後味がスッキリしています。

ノンカフェインのため妊婦さんや小さなお子さんでも安心ですし、夜に飲んでも「カフェインのせいで眠れない!!」といったことにならないので時間を気にせず飲めるのも嬉しいところです。

あと、貧血が気になる方でも気軽に飲めますよ。
タンニンは鉄の吸収を阻害すると言われていますからね…
コーヒーや紅茶はタンニンが多いのでちょっと、と気になるところですが ルイボスティーなら安心ですね!

(まとめ)こんな方でも安心!

  • 妊娠・字乳中の方
  • 小さなお子さん
  • カフェインの作用が気になる方
  • 貧血気味の方

どんな味がする?

見た目は紅茶のよう。紅茶のような赤みを感じる色です。
味も、紅茶をすっきりとさせたような味わいです。(なんせ渋味成分タンニンが少ないですから。)
紅茶-タンニン=ルイボスティー、って感じでしょうか。
逆を言うと、紅茶のように「しっかりとした味わい」を期待して飲むと物足りなさを感じてしまうかもしれません……。

ルイボスティーの効能

ルイボスには、ポリフェノールの一種であるフラボノイドが含まれており、活性酸素の除去など強い抗酸化力があります。

活性酸素は日焼け(紫外線を浴びること)や激しい運動で増え、DNAや細胞にダメージを与え老化を早めると言われています。

つまり、ルイボスティーを飲むことでアンチエイジング効果が期待できるというわけですね!

また、利尿作用が高いのでむくみの解消や老廃物の排出(デトックス)による美容・健康効果も期待できます。

そのほかにも、痛風予防、糖尿病予防(血糖値上昇を抑制)、花粉症などのアレルギー症状の緩和(抗炎症効果)など。
そういえば私がはじめてルイボスティーの存在を知ったのも、花粉症の酷い知人が「ルイボスティーというお茶が花粉症に効くらしいの!」話していたことだった記憶があります。(私自身は花粉症はひどくないんですけどね。(今のところ))
世間一般で話題になり始めたのも、花粉症緩和への期待から取り上げられたことだったんじゃないでしょうか。

デメリット(副作用)はないの……?

ルイボスティー多飲によるデメリットは…
特にないそうです^^

ただ、私の実感として 利尿効果がめちゃめちゃ高いので…
「トイレが近くなる(近くなりすぎる)」というのが自分的には結構デメリット(笑)
そのあとお出かけする予定がある場合などはですねーー↓
映画や観劇など長時間身体拘束される場合などは要注意かもしれませんね。(注:個人の感想です。個人差やその日の調子などでも違うかと思われますのでご参考までに。)


ちなみに、ルイボスティーによる利尿作用はカリウムによるものらしいです。
紅茶やコーヒーはカフェインによる利尿作用(交感神経の働きを高めることにより腎臓の血管拡張⇒尿生産量増加)とはメカニズムというか理由が違うみたいです。

(まとめ)

メリット(期待できる効果)
・アンチエイジング、美容
・痛風予防・糖尿病予防
・花粉症などアレルギー症状の緩和・むくみの解消

デメリット(副作用)
・特になし(しいて言えばトイレが近くなること)

ルイボスティーは以前は近所のスーパーには置いていなくて通販で購入していましたが、最近では普通のスーパーでも置いているところが多くなりました。
ここ数年でずいぶん身近なものになったんですねー。
いくつか飲んでみて思ったのは、商品によって風味の強さなどけっこうバラツキがあるということ。
これから飲んでみようと思ったルイボスティーが初めての方は、最初に飲んだものがあまりお好みの味ではなかったとしても、いくつか別商品を試してみるのがよいかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました