スポンサーリンク

親知らずの抜歯手術①

アラフォーたぬこです。

この歳になって、ようやく、親知らずを抜くことに…!

歯が痛くて歯医者へ行ったのですが、痛みのある虫歯の治療はもちろんのこと「親知らず、抜いたほうがいいですね」と言われてしまいました。

親知らず自体は、抜いても抜かなくても別にいいとは聞きます。
なので、ずーっと抜かずに今まできました。

ただし、親知らずがあると周囲の歯茎が炎症起こしやすかったり、虫歯になりやすかったり、歯並びが悪くなると言われています。

虫歯に関しては、親知らず自体は「虫歯になったらその時に抜けばいいじゃん」って思いますが、大事なのは「親知らずの一個手前の歯(通常の「奥歯」)」。この奥歯も同時に虫歯になりやすいんです。
奥歯は大事な歯なので、虫歯になると大変なのです。
だから、この奥歯を守るために、予防的に親知らずを抜いておくという考えもあるのですね。

親知らずは通常の歯のようにまっすぐ生えてくるものだけではなく、斜めに生えてくるもの、横に倒れた状態で歯茎に埋まってしまっているもの(埋伏歯(まいふくし))があります。
まっすぐに生えているものは割と簡単に抜歯できるのですが…

私の親知らずは斜めで生えている(ほぼ横向きで、歯の頭がちょっとだけ歯茎から出ている)状態でした。
歯医者さんに「うちで抜くのはちょっと難しいので、紹介状書くから大きな病院で手術しましょう」と言われ。

えーーっ( ゚Д゚) しゅ、手術!!
わたし、手術とか受けたことないんだけど。
人生初の手術…
紹介状書いてもらうとかも初めての経験です(^^;)

親知らず抜歯手術、かかった費用

「手術」と聞いて気になるのは、その費用。一体おいくらくらいかかるものなのか。

私がかかった費用はこんな感じでした。

①かかりつけ歯科医で紹介状を書いてもらう
明細書上で「診療情報提供料」という項目に該当します。
250点でした。1点=10円なので2500円。私は健康保険が3割負担なので、2500円×0.3=750円です。

余談ですが、病院の窓口で支払うお金って、そういえば1円玉とか5円玉とか使わないですよね?
「3割負担」で合計費用に0.3とか掛け算したらゼッタイ細かな数字になるはずなのに、そういえばなんで?と思いませんか?
調べてみたら、「10円未満は四捨五入」と決まっているそうです。へえー初めて知った!

②大きな病院で初診
この日は抜歯はせず、まずレントゲンとCT・血液検査をしました。
(事前に予約電話をしたとき、「当日抜きますか?」と聞かれました。その日のうちに抜くこともできたようです。私は個人的なスケジュール等の関係で抜歯は別の日にしました)

CTとか初体験…あっけなく終わりましたけど。
血液検査もいるのー?って思ったものの、私、ここ数年健康診断受けていないので(自営業あるある…?)まあ、いい機会です。
次回行ったとき(抜歯処置当日)に血液検査の結果もらいました。何も問題なく、ホッとしました(笑)。

初診料307点=3割負担920円 検査・レントゲン・CTで2786点=3割負担8360円  合計9280円

③抜歯当日
再診料77点=3割負担230円  手術と麻酔、投薬 3820円  合計4050円

調剤薬局へ行ってお薬貰いました。
「毎食後に飲んでください」という抗生物質と、痛みがあるときのとんぷく薬のロキソプロフェン(いわゆるロキソニン)です。 お薬代530円

ちなみに、どの調剤薬局へ行くかで微妙に金額が違うらしい?と、後で知りました…

④手術翌日
再診料77点=3割負担230円  
術後の経過確認のみなので、これだけでした。診療時間もすぐ終わりました。

⑤翌週 抜糸
再診料77点=3割負担230円
抜糸のみ。すぐ終わりました。費用もこれだけ。

というわけで、ざっくりいうと「事前検査に約1万円」「抜歯手術自体は約4000円」、「トータルで1万5000円くらい」といったところでしょうか。
検査が高ーい!というだけで、手術自体はそんなにかかるわけではないのですね。

抜歯手術、どんな感じ…?

麻酔かけて、ガーっと削ったり、糸でぐりぐりされたりしました。

……それだけかよ(笑)。

だいたい普段のかかりつけ歯科医で受けている治療と大差ない感想でした。麻酔がちょっときつめというか広範囲というか、それくらいかな?
糸でなんかされてる!というのだけは普段の治療にはなかったことですね。口に糸があたって、「おおー!今、縫合されているのかー!」と実感。
終わって、起き上がって先生の方振り向いたら、先生がマスクして手袋して手術帽子みたいなドラマとかで見るようなまさに「オペです!!」みたいな恰好だったので、「そうか、『手術』だったんだなあ」…としみじみ思いました(笑)

自分では何をされているのか何やらよくわからない状態でしたが、実際は歯肉切開して、歯の上半分をスパっと切断して、2分割して取り出したみたいです。
助手さんが後で見せてくれました。

「廃棄してよいですか?」と訊かれたので、ハイと答えたら、その場でゴミ箱にポイっとされました。
…いや、捨てていいんだけど、もうちょっと入れ方なくないですか?
ほんとに「ポイっ!」て感じで、放られましたよ(笑)若干唖然。

術後の注意点と経過

当日は飲酒・お風呂、運動はしてはいけません。
私は夏場はシャワーで済ませることが多いので問題ありません。
歯みがきは、手術部位に当てないようにして丁寧にしてください。当日は血が止まらなくても心配ありませんとのこと。
実際その日は口の中ずっと血の味がしました。ドバドバ出ているわけではないんですけどね。

数日間はほっぺがぷくーと腫れるよーと言われました。
冷やすと気持ちよくても、冷やしちゃダメ。冷たいペットボトルあてたりとかしないでねって言われました。治りが遅くなるんですって。

術後、麻酔が切れた後痛みますと言われていたのですが、それは大丈夫でした。
事前説明の時に、先生から「手術受けてから会社行く人とかもいるけど、痛くて仕事にならなかったって仰るよ」と言われていたんですが、そこまで痛くなかったです。
もちろん、全然何もないとは言いませんし、しゃべりづらいというのは確かですが。病院でもらった頓服薬の痛み止めを飲むほどではなかったです。結局一度も飲まなかったので手付かずのままでした。(抗生物質の方は必ず飲まなければいけません)

食事も麻酔が切れた後くらいにOKとのこと。
ですが、口が開けづらい…手術した奥の方ではなく、「口を開ける」という動作で痛みを感じる。
口開けて、食べ物入れて、もぐもぐする、という行為がとってもやりづらい。
しっかりした食感のものは避けたほうが良さそうです。
私は、「もう今日は豆腐だけでいいや」って思ったくらいです。思いながらも、結局玄米とか食べましたけど(笑)

夜になると心なしかほっぺの輪郭が…
いつもよりぷっくりしてきました。痛くはないんですけど。
でもそんなにあからさまにって程ではないかな?
知り合いから見たら「なんかいつもと違う」と思われるけど、赤の他人から見たら(電車の中とか)顔の輪郭がきれいではない人、くらいで何にも思われないんじゃないのー?

と自分では思ってましたが、翌日の経過観察診療では先生に「見事に腫れましたねー」と言われてしまった(笑)
自分が気にならなかっただけっぽい?

ちなみにもう一本、親知らずあります。
そちらも後日抜く予定です。(記事はこちら:親知らずの抜歯手術②

2本同時に抜いてくれないのかよ。とか思いましたが、上記の経験して「なるほど、2本同時は無理ね」って思いました。
左右同時にほっぺ腫れて、何となくでも痛みがあって、しゃべりづらいって大変。
食事も、自然と処置した側と反対で噛むことになるんだけど、左右同時に手術したらどこで噛めばいいんだか。ってなりますからね。二本同時に抜いていたらごはん食べられないところだった(;^ω^)

後日の二本目手術に続く。

スポンサーリンク
健康
たぬこをフォローする
スポンサーリンク
たんたんたぬ子の 気ままライフ。
タイトルとURLをコピーしました