スポンサーリンク

おいしいかぼちゃの見分け方

朝ごはんにかぼちゃを食べることがたびたびあります。
糖質にビタミン・食物繊維が豊富、なにより甘くて美味しい!!
朝から甘いもの食べて(しかも健康的な)ほっこりシアワセな気分になります♡

適当な厚さにカットして、フライパンで焼いて、出来上がり。
パラパラと天然塩を振ってナトリウムも補給!
シンプルだけど美味しいよ!!

さて、そんな私。
先日かぼちゃがまるまる一玉、おトク価格で売られていましたので。すかさずゲット!
なんと一玉198円。買うしかないでしょ―!!(^^)!

外見で色や重さなどで良さそうなものを選んだつもりが…
切ってみて、食べてみて、ガビーン!!

ハ・ズ・レ。

( ;∀;)泣……しくしく)

未熟なのかな?色がオレンジより黄色に近い、薄い色。
食べても水っぽいし、味も甘くない。…はっきり言って、美味しくないです。

見るからに水っぽい感じ。色もオレンジではなく黄色に近い。

一玉も買ったのに。どうしよう…(´;ω;`)
結構ショックです。
今後失敗をしないためにも、あらためておいしいかぼちゃの選び方を調べてみました!

美味しいかぼちゃの見分け方ポイント

美味しいかぼちゃの見分け方ポイント

1.  皮の緑色が深い色をしている
2.  皮がかたい
3.  ずっしりと重みがある
4.  ヘタの軸が太く、よく乾燥していてコルク状になっている。ヘタの周囲がへこんでいる。
5.  カットで売っているものは果肉の色が濃いオレンジ色。また種がしっかり膨らんでいて、種とワタがよく詰まっているもの。
6. (まるごと一玉で中が見えない場合)日にあたらず皮が緑ではなく色むらの部分がある場合、その色が中の果肉の色と同じなので黄色よりオレンジ色のものを選ぶ。

だそうです。

上記6の「皮の色むらが中の果肉と同じ色」というのは初めて知りました。

皮のオレンジ色の部分が中の果肉のオレンジと同じ色ということです。(写真のかぼちゃはその後買い直したメキシコ産です。)
皮の部分と切り口を並べてみました。果肉の方がややオレンジが濃い気もするけど…。
フライパンに国産の未熟かぼちゃと買い直したメキシコ産を並べたところ。色の違いが一目瞭然ですね。

うーん…
今回買ったものもずっしりしているものだったし、皮は濃い緑だったし、ヘタもしっかりしていて良さそうなものだったんだけどなあ。

切る前だったら、風通しの良い涼しいところで追熟できるんだけど。(適した場所なら2か月くらい持つらしいです)
切っちゃってるから…
カットされたものは冷蔵庫必至。ですが、冷蔵庫でも4-5日の保存が目安ですから…
切ったかぼちゃは、傷みやすいんですよね。
ちなみに、切ったかぼちゃは種とワタを取り除いてラップ保存しましょう。

追熟はもう無理っぽいかな(>_<;)

美味しい食べ方を模索してみます。
あぁ残念!

国産かぼちゃと輸入かぼちゃ、出回る時期など

スーパーでチェックしていると、輸入かぼちゃがとても安くて国産が高い時期もあれば、国産が安くて輸入品がない時期なんてのもあります。
あれってどうなっているんだろう?と日ごろから思っていたので、まとめます。

国産かぼちゃ
 夏から秋がピーク。旬は7月~10月。5月~9月ころ収穫され追熟の上9月~12月が食べごろとなる。 
 北海道産は1か月ほど後にずれる。
 冬から春は減少。

輸入かぼちゃ
 ニュージーランド産 2月~5月ころ。
 メキシコ産は12月~2月と6月~7月ころ。

一年通してまとめてみました。

~1月~2月2月~5月6月~7月9月~12月10月~12月~
北海道産メキシコ産NZ産メキシコ産国産北海道産メキシコ産

産地によってかぼちゃの旬が違うんですね!

8月はいずれも食べごろがない様子ですね。
もっとも、暑い盛りにはあの糖質・食物繊維の食感はちょっと食べづらいかも。
あまり暑いとかぼちゃ好きの私でも「今はいいわ~」って、食欲自体が沸かなさそうです。
よく似た食感の焼き芋とかも、夏はあんまり食べる気も起こらなくないですか?

食感としては国産はやや水っぽい、輸入ものはホクホクしているものが多いですね。
ジャガイモに例えると、国産はメークインっぽくて輸入ものは男爵みたいな感じかな。

ところで。
あらためてこの表を見ていたら…
冒頭の「失敗したかぼちゃ」、7月初め頃に買ったんですけど、そういえば国産だった!!
まだ時期じゃないですね~。
どうりで未熟な訳だ。(-_-;)

でも解決してスッキリしました。
また特売していたら、今度は切らずにしっかり追熟させようと思います!

タイトルとURLをコピーしました