スポンサーリンク

ハロウィンってどういう意味?その起源は?

今月末10/31はハロウィンですね。

10年ほど前まではハロウィンは知ってはいてもあまり馴染みがない行事でしたが、
今やすっかり日本に定着した感がありますね。

ハロウィンと言えば、かぼちゃ・お化け・お菓子……。
しかしそもそもハロウィンってどういう行事なの?

語源はどういう意味?ハロウィン?ハロウィーン?

ハロウィンの語源は「諸聖人の祝日の前夜」を意味する「All Hallow’s Even」が短縮された形です。

 Halloween の読み方。
ハロウィン」なのか「ハロウィーン」なのか。迷ったことはありませんか?

結論から言うと、どちらでもよいみたいです。
英語の発音では「ハロウィーン」と伸ばすようですね。
NHKでは「ハロウィーン」というカタカナ表記だそうです。

という訳で、以下文中表記は「ハロウィーン」とさせていただきます。

ちなみにたぬこが子供の頃は「ハローウィン?」っていう人もいましたけど、
これはいつの間にか消えていましたね。

ハロウィーンの起源は?

ハロウィーンの行事はなんとなくアメリカ的な印象がありませんか?
そのためアメリカ=キリスト教関係の行事なのかな、と思いがちですが実はそうではありません。

ハロウィーンの起源はサウィン祭という古代ケルト人のお祭りです。

古代ケルトでは10/31を一年の終わりと考えていました。
つまり、11/1が新年の始まり。
冬の始まり=新年、だったのですね。

一年の終わりのこの時期に、収穫を祝う日であり、また死者の魂がこの世に帰ってくる日とも考えられていました。

日本的な感覚で言うならば「大晦日にお盆」といったところでしょうか。

ちなみに、前項で「ハロウィーン」は 「諸聖人の祝日の前夜(All Hallow’s Even)」 と書きましたが、この「諸聖人の祝日(諸聖人の日)」自体はキリスト教の祝祭日です。
この「諸聖人の日」というのは11/1。
キリスト教教会暦では日没から翌日の日没までを1日と考えるため、「10/31の夜」は「教会暦での11/1」と重なることになります。
そのため、10/31のサウィン祭由来の行事・風習の日が「Halloween 」と呼ばれるようになりました。

ただし、キリスト教ではこのサウィン祭由来のお祭りを「キリスト教の祭」としてはいません。

あくまでも、同じ日だから呼び名が一緒になっていっちゃった、ということなのですね。

ハロウィーンではなぜ仮装をするの?

1年のこの時期にはこの世と霊界との間に目に見えない「門」が開きこの両方の世界の間で自由に行き来が可能となるとされます。
訪ねてくる先祖の霊をお迎えする行事でもあったのですが、同時に悪い精霊や魔女などもこの世に出てくると信じられていました。

この悪い精霊や魔女から身を守るために仮面をかぶったり、魔除けの焚火を炊いたりしました。

今のような「仮装」がいつから始まったかは分かりませんが、仮装をすること自体の意味としては「魔女やお化けの恰好をすることで自分も仲間だと思わせて襲われない(魂を持っていかれない)ようにする」ということ、あるいは「悪霊を怖がらせて撃退する」という意味合いがあるそうです。

「同化することで身を守る」という発想は古来いろんな国や文化であることなのでナルホドです。
日本でもたしか子供に「不幸を避けるためにわざと悪い意味の名前を付ける」という風習が昔はあったという話がありますが、同じような発想でしょうか。

なぜかぼちゃ?

南瓜好きのたぬことしては気になるところです(笑)

カボチャのランタン、英語では「ジャック・オー・ランタン」。

もともとケルトではカブだったそうです。
アメリカに渡ったアイルランド人により、カブのかわりにアメリカで生産量の多かったカボチャでランタンを作るようになったのだとか。

「お化けカボチャ」の顔ってかわいいよね。と、昔から思っていたんですが、
こんな写真を見ると……。

現代のように夜でも明るい環境ならいざ知らず、
暗闇にこんな明かりがボウっと現れたら確かに怖いかもしれない。

突然目の前に現れたら「うきゃああー!」って叫んでしまいそうです。

ハロウィーンイベントに思うこと……

わたしたちアラフォーくらいの世代より上にとっては、ハロウィーンは昔は馴染みがなかったと思います。
「ハロウィーン」という行事が日本の社会に広く知られるようになったのは、たぶん1992年の悲しい事件がきっかけではないでしょうか。

その事件とは、「日本人留学生射殺事件」。

1992年、当時アメリカに留学中だった日本人男子高校生が射殺された事件です。
彼は仮装してハロウィーンパーティーに出かけた際、訪問する家を間違えてしまいました。
驚いたその家の住人は銃を構え「FREEZE(動くな)」と警告しましたが、被害者は「パーティーに来たんです」と言って入ろうとしたため射殺された……という事件。

衝撃的なニュースだったのを覚えています。

ところで、昨今の日本のハロウィーン……。

なんか「仮装してバカ騒ぎする」イベントとして定着していますね。

年々エスカレートしている感がありますが、大勢で大挙してのストレス発散大会に見えるんですけど。
「祭り=ハレの日」は元来が日常のガス抜きの役割だとも言いますが、ゲームや遊園地、カラオケ、スポーツ等々ガス抜きのできる場が豊富にある現代社会にあっても尚あれ程に大騒ぎをしたくなる(せずにはいられない)何かがあるのでしょうか……なんて心配になってしまいます。

いい大人なのだから節度を保って楽しんでほしいですね。

タイトルとURLをコピーしました